どんな仕事をするのか

相続相談サービスで実際に税理士が行う仕事としては、相続税の申告や相続財産の評価、準確定申告の申告などがあります。中には税理士でないと行う事ができない仕事もありますから、相続相談を考えた場合はまず税理士に相談すると引継ぎなどで余計な時間やコストがかからないので便利です。相続税は一定の金額よりも高い財産を相続する場合にかかるものですので、自分が相続する場合はまず相続財産がどのくらいになるのかを評価してもらい、もし相続税がかかるようならば申告の手続きを頼むという形にすると便利です。

遺産の相続はどうしても大きなお金になりますから、税金などがかかってしまうと予想していたよりも大きなコストがかかってしまう事もあります。相続する時になってから相続税について考えるのではなく、事前にどのくらいの財産があるのかを評価してもらい、その上で相続税がどのくらいになるのかを知っておくとスムーズな手続きが行えます。スムーズな手続きを行う事前準備としてはもちろん、実際に手続きを行う際にも税理士の相続相談サービスは便利なものとなっています。

参照:相続相談のことなら【ソレイユ相続相談室】 

税理士の相続相談サービスで行う仕事は、相続税がどのくらいになるのかを考えるだけではなく、実際に手続きを行う段階に至るまで幅広く行われます。相続する財産がどのくらいになるのかわかっていれば、その後の計画も立てやすくなりますから相続相談サービスは非常に便利なものであると言えるでしょう。